過失割合の決定

過失割合とは、自動車事故の際の過失の割合です。自動車事故が発生した時には、その当事者の誰かに責任があります。2者が絡む自動車事故の場合にはどちらか、あるいは双方に、本来するべきことを怠っていたという意味での過失があります。交通事故が自損事故でない場合に、自分と事故の相手とのその事故に対する責任の割合を過失割合といいます。
保険会社に過失割合の決定権はありません。当人同士で決める事は出来ますが、勝手に当人同士で過失割合を決めても保険会社は不当な保険金の支払いはしません。最悪当人の自己負担となります。
唯一過失割合を決定できるのは裁判です。
裁判で出された判決には従わなくてはなりません。逆に言えば、裁判以外でどう言う話が出ようとも拘束力はなく、従う必要はないのです。
示談にするには、当事者、賠償金を支払う者、事故に関わる者全ての合意が必要です。
誰が1人でも納得しなければ示談とすることはできません。
保険会社が間に入った場合には、保険会社は契約者から預かった保険料から支払いをするため、不当な要求には応じません。保険会社は、裁判と同様に過去の判例から過失割合を出します。過失割合は、事故の状況によって決まります。
お互い保険に加入しておらず、当事者本人が賠償金を支払う場合には本人曰く同士で納得すれば、それで示談となります。
人間性は過失割合には影響しません。
また、勘違いしている人も多いのですが、衝突箇所も過失割合には影響しません。
<専門弁護士のおススメ>神戸で交通事故のご相談は神戸AI法律事務所